ワキガの原因や手術による診療

ワキガは、ワキにおけるアポクリン汗腺から分泌される汗って、皮脂やバクテリアが交じるため発生する不快風情のことです。 皮脂やバクテリアって混ざらなければ、汗単体では必ずしも凄い匂いません。バクテリアが伸び悩むように工夫をするため、ワキガの風情が断ち切る状態にすることが可能です。ワキガやり方として、バクテリアが伸び悩むように制汗ジェットや石けんによるという方もある。また、皮脂の分泌を防ぐために、油くさいものを大して食べないように気をつけて掛かるやつも多くいます。体質によっては、食事容積を減らしても、油脂の多い汗をかくようです。そのような場合はワキを清潔にしても食べ物に気をつけても、ワキガを防ぐことは困難です。そのため、ワキガを根本から攻略させるためのオペもおこなわれてある。ワキガの原因となるアポクリン汗腺を、オペにて除くという手法であり、アポクリン汗腺がなければワキガの原因に上る汗をかきません。アポクリン汗腺がなくなれば汗が出ず、脇の下にバクテリアがしても繁殖することはありません。アポクリン汗腺の取り外しには、人肌を切開して直接的除去するという技法や、人肌にちっちゃな罠を開けてそこから機械を挿入して除去するという技法があります。最近では、ワキガのオペのために、特殊なレーザーを横に覚え、アポクリン汗腺の組織を阻害する技法もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ